富士通

 

はじめてのアメフト アメリカンフットボール観戦を楽しむためのルールガイド

 オフェンス |  ディフェンス |  スペシャル

オフェンス

RB TE OL WR

QB(クォーターバック)

QB写真

QB(クォーターバック)とは、プレーが開始されると、RB(ランニングバック)にボールをハンド・オフ(ボールをわたす)したり、レシーバーにパスを投げる、攻撃の中心でありアメリカンフットボールの花形のポジションです。QBは、肩が強いことはもちろんのこと、走力も必要なポジションです。また、どんな状況でも冷静沈着にゲームマネジメントをし、攻撃を指揮しなければいけないポジションでもあり、精神的にも肉体的にもタフさが求められます。


RB(ランニングバック)

RB写真

RB(ランニングバック)とは、QB(クォーターバック)の後ろにポジションを置き、主にQBからボールをわたされ、走るポジションです(ランニングプレー)。ランニングプレーのときにボールを持って走り、敵を避けながら敵陣を走り抜け、少しでも前へ進みます。狭い隙間を走ったりもするため、体が小さい人にもできるポジションの一つです。
ほかに、パスプレーの時にはQBを守るために、パスプロ(ブロック)をしたり、隙あれば自らパスコースに出てパスをキャッチしたりします。きわめて多彩な要素を持っている、オフェンスの中心的なポジションです。


TE(タイトエンド)

TE写真

TE(タイトエンド)とは、ランプレーではOL(オフェンスライン)と一緒にブロックをしたり、パスプレーでは、QB(クォーターバック)からのパスをキャッチしたりと、パワーとスピードを兼ね備えたオールマイティーな能力が必要なポジションです。そのため、TEはパワー、スピード、スタミナ、捕球力などが要求されるもっとも難しいポジションのひとつです。


OL(オフェンスライン)

OL写真

OL(オフェンスライン)はオフェンスの中で最前列に位置する、大きな体の5人組の事です。真ん中のポジションをC(センター)その両隣をG(ガード)そして一番外に位置するのがT(タックル)といい、まとめての呼び名をOLといいます。OLはRBが走る道を作ったり、パスを投げるまでディフェンスからQBを守ったりするポジションです。非常に地味でボールを持つポジションのように目立つ事はありませんが、毎プレー激しいブロックを繰り広げ、とてもハードなポジションです。


WR(ワイドレシーバー)

WR写真

WR(ワイドレシーバー)とはパスキャッチを専門に行い、ディフェンスを振り切るスピードと、QBから投げられたボールをキャッチする能力が必要なポジションです。また細かなポジションにはFL(フランカー),SE(スプリット・エンド)などのポジションがあり、まとめてWRといいます。WRの特徴は、とにかく足の速い選手が多く、ボールキャッチ後に少しでも前に走ることも要求されるポジションです。


ディフェンス

LB DL

DB(ディフェンスバック)

DB img 01

DB(ディフェンスバック)とは、ディフェンスの最後尾に位置し、主にパスを防ぐ役割があります。ディフェンスバックはSF(セーフティー)、CB(コーナーバック)2つのポジションで形成されています。守備の奥深くに位置するSFは、フィールド全体を把握しオフェンスのランニングプレー、パスプレーでのロングゲインを阻止するのが役割です。守備の両端に位置するCBは、相手のWRへのパスを通させないことが役割です。このように守備の最後の砦であるDBは身体能力のほかにも、冷静な判断力が必要なポジションです。


LB(ラインバッカー)

LB写真

LB(ラインバッカー)とは、ディフェンスの中心に位置し、オフェンスのあらゆる攻撃に、対応する役割を持ちます。ランニングプレーでは巨漢のOLと対峙し、パスプレーでは足の速いWRをマークすることもあり、パワーとスピード兼ね備えたアスリートが揃うポジションです。また、ディフェンスの頭脳でもあり、各ポジションにサインを指示する役割もあり、とても頭を使うポジションです。


DL(ディフェンスライン)

DL写真

DL(ディフェンスライン)とは、ディフェンスの最前列に位置し、主にOL(オフェンスライン)と戦い、ボールを持って走ってくるRB(ランニングバック)にタックルしたり、パスを投げるQBに襲い掛かるポジションです。


スペシャル

K/P(キッカー/パンター)

スペシャル写真

K/P(キッカー/パンター)とは、ボールを蹴る専門のプレーヤーです。試合開始のキックオフや、攻撃時に陣地挽回のためのパント、3点獲得できるFG(フィールドゴール)など、試合の流れを左右する大事な仕事を任されているポジションです。